サーフィン用品

テイクオフ成功の法則

インフレータブル自動屋根ラック

サーフボードを車のルーフ(天井)に載せて海に行く人ってほとんどいなくなりましたよね。バブルのころはみんなそれがカッコいいと思っていて、ある丘サーファーはボードをキャリアにネジ止めしてたって笑い話があるほどでした。

 

 

 

しかし今は...見た目的にダサいし、なんといっても風で飛ばされるんじゃないかという心配があってルールに載せる人はほとんどいなくなりました。とはいえ、小さい車に長いボードは入りません。だからやむを得ずルーフに載せないといけない人はいるわけです。特にロングボードはそうですね。

 

 

ルーフに載せるにはルーフキャリアが必要なわけでして、これがけっこう邪魔なんですね。海に行かないときは。あと、あれが付いてるとルーフが洗えません。

 

 

 

 

というわけで、いいもの発見↑ ↑ ↑  インフレータブル自動屋根ラックというものでして、これなら脱着が簡単だし、何といっても値段が安いのがいいです。

 

 

サーフィン初心者脱出プログラム

 

サーフィン専用バランスボード

 

サーフィン・ステップアップ プログラム

 

スケボーでサーフィン上達

コンテンツ
するするスプレー
そうです、ウエットスーツがひっかからずに”するする”っと着れるというあれです。
サーフハット、サーフキャップ
問題はその耐久性にあります。これまでいろんなメーカーや種類を試してきましたが、どれもこれもすぐにアゴひもがちぎれてしまうのです。
サーフィン専用ゴーグル
海外では有名サーファーが着用しているシーンが希にあるのですが、それがまだ日本人サーファーに浸透していません。
リペアキット
サーファーの怪我とサーフボードのクラッシュ、どっちを避けたいですか? 実はこの両者、同時に発生しているケースが多いのです。
アセトン 〜 ポスカの絵を消す
中古で買ったボードに絵が描いたあった場合、どうやって落としたらいいか悩みます。ポスカでしっかり描かれた絵はかなり頑固な上、クリアーを吹いていたりしたらアルコールなんかでは落ちません。
GoPro HERO3
最上位のブラックエディションは4K(フルハイビジョンの4倍の画質)撮影や超スローモーション撮影ができる仰天の仕様。

 
ホーム 基礎知識 豆知識 読者の声