サーフィン初心者上達

サーフィンに関して疑問に思っていること、悩んでいることありませんか

ここにしか書いてないサーフィン理論、ここでしか教えないサーフィンテクニック

サーフィンクリニックの特典をご利用ください。

CREは現代サーフィンの基本技! CREができるとサーフィンの世界が変わります。

クリティカル・ポジションを理解するとボードが加速します。

パドリングトレーニングの落とし穴。みんなそれで挫折します。

ドルフィンスルーをマスターすれば、サーフィンがどんどん楽しくなります。

アインシュタインも知らなかった、これがサーフィンの相対性理論

世界初!テイクオフのブランコ理論という衝撃のメソッド。

体力が衰えてきたサーファー必見!テイクオフの3点リフトアップ理論

前乗りを徹底分析! 前乗りしてしまう原因 と 前乗りされない方法

フローを意識してますか? 最終的に目指すべきサーフィンとは

サーフィンは腰だ! 猫背の人はサーフィンが上手い?

テイクオフで加速する秘訣 千葉の哲也さんの上達ぶり

Topics

サーフィンの基本姿勢ビギナーの典型、ガニ股のサーフィン

 

かっこ悪いだけでなく、これではボードも動かせません。

 

 

ドルフィンスルードルフィンスルーは365歩のマーチでいきましょう。

 

2歩下がっても3歩進めばOK〜

 

 

カットバックあこがれのカットバック

 

天秤理論を知れば、あなたにもできるようになります。

 

 

サーフィン漫画

サーフィン漫画を書いてみました。

 

猫マンガで人気の「くるねこ大和」をサーフィン初心者編で。

 

 

トップアプローチ

トップアプローチの秘訣を満を持して発表しました。

 

この理論を知ればオフザリップ、ローラーコースター、フローターも夢ではなくなります。

 

 

 

 

垂直リッピング

垂直リッピング陸トレの秘訣を差し上げています。

 

サーフィンの技は後ろ足が決め手であり、無意識で後ろ足を使えるようになるには秘伝のトレーニングが威力を発揮します。。


サーフィン初心者だけでなく、上級者にも有益な情報を発信しています

サーフィン動画(サーフィン映画)で最初に思い出すもの。いろいろありますが、さしずめ「ビッグ・ウエンズデー」でしょうか。サーフィン動画(サーフィン映画)としてだけでなく、映画そのものの完成度が高い作品でした。伝説の大波という設定が、サーファーならずともサーフィンをしない人の心をくすぐったものです。

 

 

サーフィンスクールは今ではどこのサーフィンショップ(サーフショップ)でもやっています。サーフィン初心者はできるかぎり受講されることをお薦めいたします。サーフィン用ウエットスーツをまだ持っていない方でしたらサーフィンを始めるシーズンはやはり夏がいいでしょう。トランクスだけで海に入れますからね。

 

 

サーフィン波情報はサーファーにとって非常にありがたいものです。サーフィン波情報は地方のサーフショップのスタッフがサーフィン画像によって配信しているケースがほとんどですが、近年になってインターネットが普及するとともに、WEBサーフィン波情報が威力を発揮しています。サーフポイントにシーサイドカメラが設置してあり、各視聴者が自由にそのカメラを操作できるのです。もちろんサーフィン初心者でも操作は簡単です。

 

 

サーフィン映画、サーフィン画像、サーフィン壁紙などでよく見かけるビッグウェイブ。そのほとんどは海外のサーフポイントで撮影されています。ハワイのサーフィンポイントがその最たるもの。それもそのはず、ハワイのサーフィンはその発祥の地ですから。あと、バリのサーフィンやグアムのサーフィンポイント、または台湾のサーフィンポイントも有名です。日本から比較的近いということもあって毎年多くの日本人がバリやグアムや台湾でサーフィンするために出かけます。サーフィンのビギナー(サーフィン初心者)にとっては夢のようなサーフトリップです。そんなサーフトリップができる豊かなサーフィンライフを送ってみたいものですね。

 

 

日本でサーフィンをするならどこが最高でしょうか。最も有名なのは湘南や鵠沼でのサーフィンでしょう。湘南といえばサーフィンと連想するくらいですから。関東ではこの湘南の他に千葉や茨城でのサーフィン。新島のサーフィンも毎夏熱いです。九州ではやはり宮崎でのサーフィンです。宮崎のサーフポイントは湘南や千葉に匹敵するほど数多くあります。それと意外に福岡にもサーフィンポイントがあります。意外といえば北海道のサーフィンですね。北海道にもけっこうサーファーがいるのですね。

 

 

ところで、最近では沖縄のサーフィンポイントが脚光を浴びています。海外のサーフポイントに負けないチューブ波が全国のサーファーを魅了しています。その近辺では種子島のサーフィンポイントや奄美大島のサーフィンポイントも同様です。これまで一般に知られていなかったシークレットポイントが次々と明るみになっているのです。

 

 

 

サーフィン大会に出場することは大いにサーフィンテクニックを磨くモチベーションになります。サーフィン初心者やビギナーの方はまず地元サーフショップ主催のオーナーズカップに出るのを最初の目標にしましょう。わきあいあいですので、あまり緊張することもなく、お住まいのサーフィン環境に馴染むよい機会にもなりますから。

 

 

サーフィンをはじめるにあたってまず必要なもの。もちろんサーフボードですね。とりあえず、それさえあればサーフィンははじめられるのです。なんともお手軽なスポーツです。とはいえ、最低限のサーフィン用品は揃えなければいけません。リーシュコードに滑り止めのサーフィン用ワックスは忘れてはいけませんね。寒い季節(冬)にはフルスーツは必需品となります。特に水温が特に低いところではドライスーツもサーフィンでは重用されます。それとサーフィン用ブーツも欲しいですね。その他としては防水腕時計(ダーバーズウオッチ)とかもあったらいいです。

 

 

サーフボードには大きく分けてロングボードとショートボードがあります。ロングボードは古き良き時代のリバイバルとしてここ数年、年配の方以外にも若い人達の間でも人気です。あのキムタクこと木村拓也さんと奥さんの工藤静香さんが結婚前にシークレットでサーフィンしていたのもロングボードでした。サーフィン初心者やビギナー向けなのはこれです。これに対してショートボードは非常にハードでストイックなサーフィンといえます。相当なトレーニングをこなしていないとパドリングゲティングアウトの体力を維持するのは大変です。ただ、サーフボードが短いのでサーフィンに出かける車に搭載するのもビーチまで持ち運ぶのも楽です。

 
 

 
ホーム 基礎知識 豆知識 読者の声