ロングボードのマナー

テイクオフ成功の法則

ロングボーダーの勘違い

ロングボードだけに乗っているとサーフィン全てがロングボードの価値観で固定されてしまいます。サーフィンをロングボードの基準でしか考えられなくなるのは一種のステレオタイプなのでしょう。たしかにロングボードの世界はすばらしいものです。そこにはショートボードでは到底味わうことのできない優雅で甘美なものが確実にあります。しかしそれをもってサーフィンであると認識してしまうと、それは大きな誤解でありトラブルの元になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートボーダーからすれば、いかに上手いライディングをしていてもロングボードはロングボードなのです。けっしてそのステキなのであろうライディングに見とれたり評価することはありませんし、そのロングボーダーに敬意を表して沖からやってくる波を譲ろうという考えを持つことはありません。ロングボードよりも岸側で波待ちをするショートボーダーにとって、ロングボーダーは単に”邪魔な存在”にすぎません。ロングボーダーがショートボードも含めてサーフィンという遊びを捕えているのに反して、ショートボーダーはロングボードをほとんど別のジャンルの遊びとして認識しています。

 

 

そういう事実を知っているというか、わきまえているというか...これは大事なことです。もしジェットスキーやウィンドサーフィンがやってきて波を占有してしまったらどうでしょう。さすがのロングボードもこれではお手上げです。かなう相手ではないからです。ショートボードから見てロングボードとはそんな存在なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットを徘徊すればショートボーダーがロングボードを中傷する書き込みを多く見かけます。しかし、そうなってしまう本当の原因はロングボーダーの意識にあるのだと思います。ロングボードが簡単だからといって、けっしてそれをバカにしているのではないということです。もしロングボーダーに謙虚な気持ちがあれば、事態は違っていると思います。「いっしょに波乗りさせてもらいます」といった謙虚な気持ちです。サーフカヤックの方々の謙虚さにはいつも恐れ入ります。サーファーの邪魔にならないようにといつも気を配っておられるのです。

 

 

圧倒的に有利な乗り物に乗っている方が謙虚になるのは自然のことなのです。そうでないからトラブルが起こるのです。ロングボードはショートボードよりも圧倒的に有利です。どちらも同じジャンルの遊びと考えてしまうと秩序を乱してしまいます。

 

 

 

コンテンツ
波取り競争に参加する
波はよくないけど人が少ないところより、人が多いけど波はいいところを基本的にはチョイスした方がいいと思います。
乗りすぎるサーファー
波に乗る回数が多いことを自慢げにしている人も中にはいますが、こういう人は勘違いしちゃってるんですね。
サーフィンを始める年齢
まだ20代なのに、サーフィンを始めるにはもう遅いと思っている人がいるのには驚いてしまいます。サーフィンはいくつになっても始めることができるものです。
ウエットスーツの中に小便
「ウエットスーツの中にオシッコしてもいいんですか?」というのは初心者の方からけっこうよく聞かれる質問です。
ローカルサーファー
ローカルがいるポイント、いないポイント。ローカルがビジターに対して寛大なポイント、厳しいポイント。場所や土地柄によってその差はかなりあるようです。
外国人サーファー
韓国人が日本でサーフィンすると、これはこれでトラブルになりやすかったりします。まさか韓国人だとは思わないからです。
前乗り、ドロップイン
みんな前乗りが悪質なルール違反であることは知っているはず。しかし、ポイントの混雑状況を鑑みれば、その悪質度合いは相当に軽減されて当然?
まずは上級者がマナーを守るべし
上手い方が前乗りするのはOK...みたいな風潮ってありますよね。海外では特にそれが強いのかもしれませんが、日本でも少なからず暗黙の了解があります。
ノーリーシュを考察する
サーフィンは立派なスポーツに育ってきています。その見本となるべきプロ選手が「必ずリーシュを付けましょう」という基本的なルールを破ってしまっているのはいかがなものかと思います。

 
ホーム 基礎知識 豆知識 読者の声